忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/22 20:36 |
~好き芸人は頑張ってくれ
ビジネスホテルは嫌いだ。
なんであんな暗いの?暗いわりにどうしてあんなにスイッチ多いの?
6階だから多分大丈夫、と思って携帯ラジオ持ってったのに、伊集院もカーボーイも聞けなかった!!!!
盲点だった・・・いや、盲点つうか、何も考えてなかった。
ラジオ関連の雑誌で、地方でも頑張れば聞けることもある(漠然バカ)、っていうのを鵜呑みにして
「そうか~、ラジオはいつでもどこでもみんなが聞けるんだね、ラジオの世界だけは一人一人が真ん中なんだ~」って薄ら笑いうかべてたのに・・・・いや、冷静に考えりゃ、そりゃあ聞けないよね。青森だもん。北海道が近いから何とかいけんじゃね?と思ったけど駄目だった~。

でもさ、ジャンクは聞けないのにジャンク2は聞ける、って何!?
そんな寸止め生殺しってアリかよおおお


それで、ついついテレビをだらだら見てしまったんですが、
ついに見た、
オビラジを。


アンチからも別にお笑いに興味ないやつらからもバッシングされ、大学生の宴会芸とまで酷評され、あげく「もう責めるのよそうぜ・・・・あいつらは吉本の犠牲者なんだよ・・・ネタだって漫才はもうちょっと面白いんだし・・・気の毒だよ」とか、かばうやつらまで出てしまうオリエンタルラジオとやら・・・どんなんだろう、と気になってたんです。ネタも横目で見たことがあるかなきか、だったので。

んで、番組見て思ったけど

まあ、普通の若手芸人として、なら、別にそこまでひどくないんですね。
看板がどうの、とかはいったん置いて。

でも、わたしは
多分どんなに下積みつもうが、武勇伝を封印しようが、あいつら多分永遠に好きになれない。笑いのレベルが他の若手芸人より劣るか、って言ったら、そりゃあテレビのトークだけで判断するのは失礼だが、まああんまり変わんないと思う。そんなに悪いと思わなかったよ。

でも、なんか好きになれねえ。

あなたの心の中にも、いない?そういう芸人。
クラスにいたら多分1年間喋らないと思う、みたいなさ・・・。
ええと、なんでかしらないけど「ラグフェア」ってハモネプ出身のアカペラコーラスを初めてみたときの感覚に似てる。知るか、ってな。
ついつい、もし自分のそばにいたら、って身近に感じちゃう系統なんだよね。なんでだろ。

あ、いや、こんなことが書きたかったんじゃなくて、そのとき見たゲストのしょこたんが、好きな漫画キャラを発表してたんですよ。

あ、ちなみに私はしょこたん大好きですよ。誰がなんといおうと。多分女の芸能人の中で一番好きだ。
考えるヒトコマ」からずっと好きだった。
昔から、自分より若い人が一人で世間の冷たい目に耐えながら、一つのトレンド(?)を作る、っていうのが見てて好きなんです。切り込んでいく姿、行動力がね。だからバク天でHGが一人で企画だして何かやってるのも、見る甲斐のある内容だった。面白くないことも多かったけどさ。消えちゃって、ほんとに悲しい・・・。

話戻そう。
しょこたんの好きな漫画キャラは、

1 ベジータ(DRAGONBALL)
2 承太郎(ジョジョ)
 範馬勇次郎(グラップラー刃牙)
 
でした。

んで、なんやかんや、オリラジのボケの方と、ジョジョについて「あれ、いいよね」話をするわけですよ。


しょこたんとジョジョ、これほど相性のいいものがあるだろうか
でも、つまんんかった。


なんか、ジョジョ好きな奴にむかついたのって生まれてはじめてだった
いままではジョジョ好きなやつはどんなやつとでも仲良くなりたい、って思ったし、
芸人のスピードワゴンは嫌いだけど、でも声優やれてよかったな、ワンチェン(肩ポン)って思うくらい、
「ジョジョ」というキーワードさえ出れば、もう人類皆友達、の気構えで生きてきたんだ・・・。

ええと、別にしょこたんはいいの。
問題はあの武勇伝の方の話。ああ、もう名前がわからねえ。調べねえぞ。
しょこたんとジョジョ立ち話で盛り上がって、
見てみて!ってな感じでジョジョ立ちしたんですよね、
このジョルノジョバーナには夢がある!!」っつって。

あれ、見た人に同意を求めたいんだけど、変じゃなかった?
多分何度もやったことありそうな雰囲気だったけど、撮り方とか角度のせい?速すぎたのかな?セリフつきだったのがよくなかったか?っていうか、速すぎて見えなかった。ババアか、私。

踊りとかうまいから、ああいうポージングも上手くできそうに思えるけど、一言でいうと
「調子に乗った」ようにしか見えなかった。ごめん、意味わかんない表現で。
ポージングひとつでそこまで駄目出しすんのか、って気もするけど、

だって、ジョジョの説明、まるでなってなかったよね?
ダービー戦のオラオララッシュの話、さっぱりできてなかったよね?
困るんですよ!!そんなんじゃ!!

喋れないなら、せめてポージングだけでも何とかしろい!!
もっとテレビ映えするやつ選ぶとかさ。

そんなことで芸人としての真価が問われるのか、っていうと、・・・うん、問われると思う。
だってしょこたんよりひどかったぞ、説明。
しょこたんも割と空気読む人だから、番組に要求されれば腐女子全開になるけど、そうじゃない場合は普通の振る舞いをする。
でもわざわざゲストで呼んだとき、しょこたん、というキャラクターを司会者が相手にする場合、残される道は2つ。乗るか、ひくか、ですよね。

あのときのオリラジのボケの方は、「乗る」というより、東北弁で言うところの「おだつ」という状態に近かった。はしゃいでいただけなのだ。あのポージング(またポージングの話するけどさ)、やりきれてなかった。つきぬけてなかった。見せ方をわかってねえ、素人の仕事だった・・・・。

私が何を要求しているのか、というと、しょこたんという暴れ馬にのっかる場合
必要なのは、「抑えたくても抑えられないキモイオタク的うんちくショー」をやる覚悟!!なのだ。
あのオリラジのボケは、好きなものの話でテンションがあがったのはいいが、
オタクの態度ではなかったのだ。
しょこたんがたまにする、初恋がFFのキャラだっていう話。
あのスタジオをシンとさせてしまう、何者をも割り込ませない、妙に早口で文章のしっかりした口調、あれこそがオタク的説明力なのだ。
もうちょいいうと、「話の流れに関係なく、具体的な数字や例が出る」とか、「何か、こいつこの話したくて待ち構えてたのか?」って怖くなるような、あなたの身近にもいるはずの、あのオタクです。はい、私です。

オリラジのボケは、あの場合「オレのほうがジョジョ好きだー!!」って武士沢のように謎ギレするテンションが必要だったのだ。でも、彼に、それは無理だった。だって根が明るいもんな。理由になってねえか。


で、ここからが本題なんだけど、
あれ、多分藤井隆ならのりきれた。しょこたんを乗りこなせたと思う。



最近の雨トークのせいかガンダムブームのせいかなんかしらんけど、
「~好き芸人」とかいうくくりがある。
あれ、何が面白いかっていうと、
空気を読むのが仕事の芸人が、もう相手の迷惑関わらず、とにかくうっとおしく、饒舌に、説明するところにある。オタクの話ってのは、興味のない人間にしてみればタダの「説明」に過ぎない。しかし、それに対して一般人のリアクションを代表して突き放すツッコミの温度差、とか、普段とのテンションの違いとか、そういうのが多分面白いのだ。

とかなんとか言って、雨トーク、あんまり見たことないんだけど、CMと友達の話だけで想像してるんだけどさ

でもその「出演者に好きにやらせて司会者と客は傍観する」ハシリが、「マシューズBest Hit TV」だったんだよなあ、と思うのだ。(タモリ倶楽部もそうか?)

あのとき、しょこたんとオリラジに必要だったのは、「マシュー」の空気だ。
あれ、多分藤井隆なら、もっと色々やれた!!・・・と思う。

※藤井隆嫌いな人は、非難してください

己の好きなものを紹介、説明するだけで、あれだけ番組を盛り上がらせることができた藤井隆は、ほんとに凄い。大御所ゲストの反応なんてお構いなしだ。でも、肝心なとこで空気読んでおとなしくなるよね。あと、絶対相手の気分害さない。あの人のお笑い運動神経は鋭敏だ。褒めすぎるぜ、ここは。
ゲストアイドルとの「セリフしりとり」で、「ねらわれた学園」の高見沢みちるのセリフをそらんじて披露したり、クドカンを呼んで「人間交差点」のキャスト決めたり、多分知らない人でもなんかついつい見てやりたくなる、勢いというか、凄みがある。
「~好き芸人」がやるべきことの模範をしめしていた、と思うのだ。


まとまりのない文章になってきたァ!!ごめんなさい。

モトネタ知らないけど、そのパロディ・モノマネはなんか面白い、っていう種類の笑いがある。
プロレスネタなら長州力とか、武藤とかも、そうだった。あれは、周りの芸人がわかってくれてて、誘い笑いをしてくれるから、見てるこっちも安心して笑えるのだ。
清水ミチコの「フジコヘミング」のモノマネは、あの人の喋ってるとこ見たことなくても、そのチョイスに笑う。
クロマティ高校は、あの絵は誰をバカにしてるのか、知らない人もいるが、「なんかふざけてんなあ」という空気は伝わる。

まああと、今はマニアックさが宝の時代だしなあ。

だから、「~好き芸人」の企画で失敗した場合、「マニアックすぎたかな」というのはちょっと言い訳にならないかもしれない。まあでも、その芸人だけの責任じゃない場合もあるけどさ。

でも、漫画は、すげえ難しいよなあ・・・。ドラゴンボールとかガンダムは知名度が凄いからいいけど、ジョジョってまだまだ間口狭いんだよな。芸人の中で好きな人も少ないから、頼るのは己のオタク的説明力のみ!オリラジにはそれがなかった!!
残念だ・・・・
ケンコバはどうなるだろう・・・。

ただ・・・やっぱりテレビはみさかいがない。やりすぎると飽きちゃうじゃない・・・・そういうの見ててつらいし、もったいないんだよなあ・・・・ケンコバを嫌いにはなりたくない



コメント返信 Viper さんへ
ハチクロ、男性にも人気あるんですね!。なんか、少女漫画って変わったよなあ、ってつくづく思います。ちゃんと感想文書けるように、頑張ります。
PR

2007/06/28 02:04 | Comments(0) | TrackBack(0) | テレビ

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<続きまして、ジョジョの話をします。 | HOME | 感想文ブログ、ちゃんとやります>>
忍者ブログ[PR]